スイス圏リヒテンシュタイン発、ツールプリセッタメーカーのalfa-sysです。

ボールベアリングスリーブのツールポッドに置かれた工具の刃先を画面に映し出すとCMOSカメラにより刃先の高さ・径・角度・R等が瞬時に測定されます。

CMOSカメラで自動測定を行うことのメリットは、基本的な操作方法さえマスターしてしまえば測定者による誤差をほぼ完全に無くすことが出来ることにあります。

また、客観的なアイコンから様々な応用測定が可能で、更に実写モードにより刃先の損傷状態や研磨内容なども確認頂くことも出来ます。

プリセッタとPCを繋いで測定画面の取り込みや、別売りのソフトを使用すれば、測定データを保存したり設備へ転送することも可能です。